2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.10.04 (Tue)

ロードペとダミーラの運命、無事終演!

オペラ「ロードペとダミーラの運命」世界現代初演、無事に終えることが出来ました

会場に足をお運び下さった皆様、ほんとうにありがとうございました!
そして、関係者の皆様、お疲れ様でした!そして、ありがとうございました!
4444054_1351018474_26large-1_convert_20111004155542.jpg


いやああああ。
終わったから申し上げますが、作り上げるのはなかなか大変でした

作曲家がいない状態での初演。
音源はもちろんのこと、何より完全な楽譜が残されていないため、私たちが頂いた楽譜も今回のために書き換えられた物でした。
つまり、生きた楽譜ではなく、資料としての楽譜だったので、実際演奏するにあたっては、楽譜のすきまをどうやって埋めるかが大きな課題でした。(暗譜も大変だったけど)


これ、合ってるの?という不思議な音や、
こんな言葉辞書にないよ?
とか・・・

それらをひとつずつ紐解き、生きた音、生きた言葉、生きたキャラクターにするために、奏者同士で沢山話し合い、苦しみました。
そんな我々をぐぐぐ~っと引っ張って下さった、コレペティのお二人、佐藤節子さん、鎌田史子さんのお力の、なんと大きかったこと!!
お二人無くしてこの公演は成立しませんでした。
心から感謝申し上げます

そして何より、4時間を超える舞台を最後までご覧下さった沢山のお客様に心から申し上げます。

上演時間が長くなるし、お楽しみいただけるかしらと不安だったのですが、沢山嬉しい感想を頂き、本当に有り難く思っております!


私個人としては・・・
初めてのバロックというジャンルで、また新たにいろんな課題を頂きました。
とくに、絶対音感の私にとって、バロックピッチで歌うことはとても難しかったのですが、今までとは違う音の見え方を発見できました。また、普段高音域のものを歌う私にとっては、今回のレリーノ役は少し音域が低かったので、発声的にも新たなポイントを刺激された感じです。

そして、初めてがっつり男の子役!楽しかったです
4444054_1351018003_243large.jpg

ちょうど一年前に、大森地塩先生に声をトレーニングして頂くようになり、そのご縁で今回の舞台に出演させて頂いたわけですが、温かいVOCスタッフの皆様の出会い、本当に幸せなご縁を頂いたと心から感謝しております。

こうして、古くから残る作品を通じて人と人が繋がっていく、
音楽ってほんとうに素敵ですね
スポンサーサイト
15:53  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/97-93b7ed7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |