2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.08.24 (Wed)

そして、ラ・ボエーム

本日二つ目の記事。

京都春秋座でのオペラ公演「ラ・ボエーム」早くも、あと10日となりました。

2011年9月4日(日) 14:00開演 (13:30開場)
G. プッチーニ 作曲
歌劇「ラ・ボエーム」全4幕(原語上演・字幕付)
会場 京都芸術劇場 春秋座
料金 【全席指定】
S席 一般9000円  シニア8500円
A席 一般7000円  シニア6500円
学生&ユース席 2000円(座席範囲指定)
※ユースは25歳以下、シニアは60歳以上
※シニア・学生・ユースは要証明書提示

指揮・牧村邦彦
演出・岩田達宗

公演監督・松山いくお

出演
ミミ…        稲森 慈恵
ロドルフォ…     清原 邦仁
マルチェッロ…    東  平聞
ムゼッタ…      古瀬まきを
ショナール…     楠木  稔
コッリーネ…     雁木  悟
ベノア/アルチンドロ…松山いくお
合唱
ミラマーレ・ヴィルトゥオーゾコーラス
演奏
ミラマーレ室内アンサンブル
20110903.jpg
春秋座HP ラ・ボエーム
春秋座ブログより
演出家 岩田達宗さんインタビュー
ミラマーレオペラ 制作ブログ
いろいろ書きたいことがあるのですが、やっぱりなんといっても春秋座!
素晴らしい劇場です!
花道、廻り舞台、鳥屋・・・本格的な歌舞伎の小屋ですがオーケストラピットがあってオペラが上演できる!なんとも画期的な劇場です。

今回のボエームも、春秋座ならではの演出が沢山♪
また、そんなに大きなサイズではないからこそ、歌手の息づかいや、体の動きなど、普通のオペラでは見られないようなところまで見て頂けるかもしれません

お稽古中、客席のいろんな場所に座ってみましたが、どこからでもよく見えるんです!
お楽しみいただけること間違い無しです!

劇場への詳しいアクセスはこちら
私はいつも出町柳から叡山電鉄に乗って茶山から歩いています。

この叡山電鉄がいいんです出町柳からたった2駅ですが、ちょっと京旅気分を味わってからオペラ観劇なんて、なかなか素敵ですよ皆様、9月4日は是非京都春秋座はおいでくださいませ。


最近はお稽古漬けの日々でしたが、今日明日はオフ!
オペラの稽古が始まると他のことは何にも考えられなくなる私・・・ムゼッタというひとを通して、自分と対峙し、お客様に伝わる表現を探し・・・頭の中は作品のこと、ムゼッタのことで一杯。

ムゼッタには共感できるところが沢山あり、私の中にあるムゼッタ的な部分を音楽に表出することの面白さもあれば、
ボエームという素晴らしいオペラが、ムゼッタという魅力的な女性が、自分というフィルターを通したときに崩れてはしまわないのか、ものすごく不安に思ったり・・・
歌手の仕事は作品を輝かせることだということを、痛いほどに感じながら稽古をさせて頂いています。

いつも思いますが、恋愛しているような感覚です幸せだけど、痛いという・・・。皆さん、分かって下さいますよね

そんなこんなで、オフなのに朝早くから目が覚めてしまいました。体は疲れているのになんだか元気!
これもオペラパワーなのか??

それに、やっぱりボエームは名作!こんな素晴らしい作品が現代に残っていることに感謝です。

本番に向けて出来ることは全てやりつくし、皆様の前にムゼッタとして登場できますよう取り組みます。
稽古がない日だからこそできる準備をしっかりするぞー!



スポンサーサイト
12:46  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

劇場

日本にも、きちんとオペラのできる劇場が増えてきましたね。
当日の成功をお祈りしております。
Numa |  2011.08.24(水) 14:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/94-bfacf809

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |