2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.07.15 (Fri)

明日は♪

三宮にありますクラシックバー、ピアジュリアンで歌わせて頂きます。
平石裕香さんのピアノでオペラ「フィガロの結婚」ハイライトです♪

7月16日 (土)
ピアジュリアン・ナイトライヴ

ピアジュリアン
各線神戸三宮駅より すぐ

第1ステージ19;30~
第2ステージ21:00~
通常チャージ 1000円+御飲食代

ピアノ 平石裕香

伯爵 石原祐介 
伯爵夫人 松田緑
フィガロ 東平聞
スザンナ 古瀬まきを
マルチェッリーナ 小梶史絵
バジリオ&ナビゲーター 清原邦仁

もともと、平石裕香さんのソロライブだったのですが、今秋の関西二期会「フィガロの結婚」にコレペティで入られてるということで、
ピアジュリアン社長の「ほなフィガロやったらええねん」 との一声で(笑)
急遽!!!決まったライブです♪ つい3週間ほど前の出来事(笑)

今日はその合わせに行ってきました。
急遽集まったメンバーではありますが、なかなか楽しいステージになるんではないでしょうかっ

ハイライトですが、オペラが初めての方にもきっと楽しんで頂ける、清原さんの漫談と共に、モーツアルトの名作をお楽しみ頂ければと思います
ちょっくら一杯+オペラ、おすすめです!

急遽決まったとはいえ、私自身すごく楽しみ・・・それにやっぱり私にとってフィガロの結婚は、スザンナは、特別な存在です・・・
作品が大好きでたまらないのはもちろん
スザンナを歌うと、その時々の自分のことがよくわかります。

あ、こんな風にも歌えるようになったやん。とか、
ほほう、そうきたか。じゃあ今ならこうもできるんちゃう?とか・・・
あーもー全然あかんやん!とか・・・
前はそれでよかったけど、今はその歌い方じゃあかんわーとか・・・

時間が経って発酵してよくなったところもあれば、ちょっとこれは発酵しすぎたというところもあってそこをそぎ落としたりとか・・・新たに作り直したり・・・
とにかく自分を見つめ直させてくれるのです。

また、ひとりで練習するのとは違って、他の方とアンサンブルすると、ほんといろいろなことに気付かされます。

音程のこと、リズムのこと、ハーモニーのこと、拍子のこと、言葉のこと。どれも一つ一つは当たり前にやっていることなのだけれど、アンサンブルの中でそれらを洗い直していく作業は、なかなか楽しく新鮮で、決してひとりでは出来ない発見が山ほど。モーツアルトのアンサンブルは特に、いろいろなことを発見させてくれるように思います。

その発見は「肌で感じる」発見なので、言葉で表すのは難しいのですが、発見した瞬間はなんだか不思議な力が体の中に湧きます
モーツアルトの音楽は、聴く人だけでなく、演奏する人にも、魔法をかけてくれるような気がします。

なんだかんだいろいろ書きましたが、なんというか・・・とりあえず楽しいのです
この幸せな気持ちをすべて音楽に乗せて、お客様に楽しんで頂けますように

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております
スポンサーサイト
00:30  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

ピアジュリアン

頑張ってくださいね。聴きに行きたいですが、ちょっと神戸は遠いです… (涙)
Numa |  2011.07.15(金) 09:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/89-41e3127c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |