2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.19 (Sat)

ピア・ジュリアン ナイトライヴ終了♪

ピアジュリアンでのナイトライヴ、無事終了致しました♪
ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました!

テノール・清原邦仁さんとのジョイントは三年ぶり!オペラやコンサートでは共演させて頂いていましたが、がっつりジョイントはほんとに久しぶりでした・・・
そしてピアノは藤江圭子さん♪たくさんの歌手と共演してこられた素晴らしいピアニストさん・・というわけで、超盛りだくさんのプログラムでございました(笑)

第1部
團伊玖磨:紫陽花 古瀬

中田喜直:おまつりはどこ 清原
    :むこうむこう

モーツァルト:「フィガロの結婚より」
        スザンナのアリア(四幕)古瀬
        バジリオのアリア 清原

J.シュトラウス:「こうもり」より
        田舎娘を演じるなら 古瀬
        時計の二重唱 古瀬&清原

フランク:天使のパン

第2部
グノー:「ロミオとジュリエット」より 
     私は夢に生きたい 古瀬

マスカーニ:「友人フリッツ」より
       さくらんぼの二重唱 古瀬&清原

プッチーニ:「蝶々夫人」より
       ある晴れた日に ゲスト・松岡万希さん
      「トスカ」より 
       妙なる調和 清原
      「ボエーム」より   
       私が街を歩くと 古瀬

ヴェルディ:「椿姫」より
      ああそはかの人か~花から花へ ゲスト・内藤里美さん
       「リゴレット」
       女心の歌 清原
       ジルダとマントヴァの二重唱 古瀬&清原

J.シュトラウス:「こうもり」より乾杯 ゲスト・松原友さん 古瀬&清原

私自身も挑戦の曲が沢山でしたが、レパートリーを広げる勉強をさせて頂くことができました。この曲は私にはかなりハードルが高いなあと思っていた曲の方が意外と好評だったり・・・面白いもんです。
それに、藤江圭子さんの素晴らしいピアノとの共演は、もう本当に勉強になります。自分の中に新たな発見が沢山ありました。演奏中だけでなく、プログラムやレパートリーのことなど・・・いつも温かく助言頂いています、ありがとうございます


また、清原さんのMCが最高!!あれだけオペラのストーリーを皆様に分かりやすくお話できる歌い手はそうなかなかいないのではないのでしょうか?オペラは敷居が高いと思われがちですが、清原さんのMCを聴いてもらえれば印象変わるんじゃないかしら、といつも思います。
もちろん、歌もすばらしい

また二部では、ソプラノ松岡万希さん、内藤里美さん、テノール松原友さんにもお歌い頂き、超豪華な時間となりました

こうして、素晴らしい演奏の機会を与えて下さるピアジュリアンの社長、お店の皆様に感謝感謝です。
ピアジュリアンは毎晩ありとあらゆるクラシックライブを行っていますので、神戸・三宮にお越しの際は是非是非行ってみて下さいね♪
ピア・ジュリアン


さて長くなりますが・・さくらんぼの二重唱についてすこし。

実は私が大学院二年のときの大学院オペラが、この「友人フリッツ」でした。私は、“さくらんぼの二重唱”が歌われる二幕のスーゼルをさせて頂きました。もう、思い出がいっぱい、大好きな作品です。

ただ、マスカーニの作品なので、本来私のような軽い声のソプラノが歌うにはとても難易度が高く、当時もとても苦労しました。しかし意外なことにこの作品は若い歌い手を育ててくれる作品で、決して故障することなく、いい意味で声と身体の力を伸ばすことが出来たのです。私だけでなく、院の仲間みんながそうでした。
この作品を大学院オペラに選んで下さった折江忠道先生には、いまもとても感謝しています。

今回のライブで二年ぶりに挑戦させて頂いたわけですが、当時できなかったことが出来るようになっていて、ひとりひそかに嬉しくなりました。もちろん私はヴェリズモオペラを歌う声ではないですし、まだまだマスカーニ節とは言えませんが・・・この素晴らしい曲をこれからも、機会があれば歌っていきたいな、と思いました。

友人フリッツ・・・あんまり上演されませんが、っもう!!だ~いすきな作品なんです
美しく、どこかノスタルジックで、大きい愛に溢れた作品・・・

さくらんぼの二重唱後にある、聖書のシーンもまた悶絶する美しさ!こちらは神様の音楽です。クライマックスの愛に溢れた音楽も最高!!!

是非皆様一度聴いてみて下さいね

ライブのご報告が、なぜか友人フリッツについて熱く語る記事になってしまいましたすんまへんっ
スポンサーサイト
12:48  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/46-f9872738

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |