2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.12.31 (Sat)

今年もあっという間!

大晦日でございます。

2016年も、たくさんお世話になり、応援頂き、まことにありがとうございました!
多くの忘れられない舞台に立たせて頂き、幸せな幸せな一年でした。

2月オペラシティでの明日を担う音楽家による特別演奏会
3月マタイ受難曲ソプラノソロ、いずみホールランチタイムコンサート、大阪倶楽部でのリサイタル、Dresdenへの再訪。
5月大阪バッハアンサンブルでのカンタータBWV199,奏楽堂日本歌曲コンクールでの作曲部門演奏
6月ピアジュリアンで久々のソロライブ。
7月リゴレット・ジルダ、奏楽堂日本歌曲コンクール入賞者コンサート、ヒルトンプラザコンサート
8月ナクソス島のアリアドネ プレトーク、藤江圭子先生40周年記念コンサート
9月ナクソス島のアリアドネ ツェルビネッタ、メサイア ソロ
10月尼崎市市制100周年記念式典での市歌演奏、尼崎市民芸術奨励賞受賞
11月堺シティオペラチャリティーコンサート ATCサンセットコンサート

などなどなど♪
たくさんの出会いと、学びに恵まれ、感謝の気持ちで一杯です。
舞台で出会った作品や共演者、お世話になった方々から頂いたパワー、
そしてお客様の拍手に支えられ、元気いっぱいに活動させて頂きました。

本当にありがとうございました。

また…教える側としても、生徒さんが大きな舞台に立ったり大きなチャレンジに向かう場面が増え、
ドキドキハラハラしながらも、たくさんの幸せな時間を頂きました。
生徒さんとともに学び、探すことで、私自身が得ていることのどれだけ大きいことか。
来年も、皆様と共に、私も成長を目指していきます。


さて、幸せな2016年の中でもやはり、やはり、やはり一番の出来事はZerbinettaを演じさせて頂いたこと。
201612311619222ff.jpeg

音楽家としても、役者としても、今までとまた全然違うところに自分の課題を見つけさせて頂いた、そんな舞台でした。

Zerbinettaを歌ったから気づけたのではなく、
あのとき、あのプロダクションで、あの皆様とご一緒だったから気づくことの出来た大きな課題。

あれからずっと、向き合い続けています。
向き合い初めてまだ3カ月。

課題をクリアし、また次の段階に向かうべく、新たな年も頑張ります。

春先、とあるインタビューを受けた際、

「転機はいつですか?」
と尋ねられました。

出会ったどの作品にも、どの人にもその都度影響を受け、
また、ずっと安定しないサバイバルな人生を送っていると、
いつも転機というか、すべての節目が転機になっていくように感じているので、
これ!!!!!!!という転機を答えることが出来ませんでした。

Zerbinettaを演じたことは、間違いなく私の大きな転機。

あれから私の中で大きなものが変わり始めています。
その成果を、また舞台で皆様にご覧頂けるよう、一歩ずつ、しっかりと歩んでいきたいと思います。

2017年もどうぞ皆様 ソプラノ古瀬まきを をよろしくお願い致します。
感謝を込めて。



スポンサーサイト
16:26  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/232-72c1e9ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |