2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.03.14 (Mon)

10年。

またまた更新がおそくなってしまいました。

いずみホール・ランチタイムコンサート、無事に終わりました!
雨の中ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました!
いずみホールの素晴らしいスタッフの皆様、ありがとうございました!

満席のいずみホール、たくさんのあたたかい拍手を頂き、またひとつ、忘れられない舞台を踏ませて頂きました。
しあわせです。

プログラム
W.A.Mozart
『踊れ、喜べ、幸いなる魂よ』
「フィガロの結婚」より
とうとう嬉しい時が来た〜早くおいで、美しい喜びよ
G.Puccini
「ラ・ボエーム」より
私が街を歩くと
C.F.Gounod
「ロメオとジュリエット」より
私は夢に生きたい
ああ、太陽よ昇れ  (清原邦仁)
G.Donizetti
「ランメルモールのルチア」より
 ・ここに永遠の愛を〜そよ風に乗せて (古瀬まきを・清原邦仁)
・優しいささやきが〜香炉はくゆり〜悲しみの涙を
アンコール
L.Bernstein
ミュージカル「キャンディード」より
きらびやかに着飾って


ご挨拶でも申し上げましたが、いずみホールで初めて歌わせて頂いたのはちょうど10年前の3月、大学の卒業演奏会でした。
そこからの10年、多くの方に支えて頂き、助けて頂き、いろんなお力をもらって今日があること、いずみホールという素晴らしい劇場の舞台で、ひしひしと感じていました。
2016031402432924a.jpg
2009年以降、私の活動は先生無しに有り得ない!というくらいお世話になっていますピアノの藤江圭子先生。
今回も本当にすばらしいピアノで支えて下さいました。大感謝!!

テノール清原邦仁さん。それこそ、10年お世話になっています。
エドガルドとルチアの二重唱を歌った直後の狂乱の場。
清原さんのエドガルドのおかげで、ルチアの喪失感をより深く感じながら、演じさせていただくことができました。
ありがとうございました。
201603140243332cf.jpg
20160314024502217.jpg

そして、構成・お話の日下部吉彦先生。
先生は、舞台をご覧下さる度にいつも、そのときの私にとって必要なお言葉をくださいました。
それがどんなに私のパワーになったかしれません。

そんな日下部先生ご企画の、歴史あるコンサートに出演させていただき、
この10年間、特に私を育ててくれた大切な役たちのアリアを、だいすきなだいすきないずみホールで披露させて頂けたこと、心から感謝しています。

私を支え、応援して下さっている皆様に喜んで頂けるよう、
これからも、この曲たち、役たちを歌い続けていきたい!そんな気持ちでいっぱいです!

ここからの10年もひたすらに精進して参ります!
どんな10年となっていくのか…私自身も楽しみです!

日々の全てが、明日の歌を作っていくことを信じ、
一日一日大切に取り組み続けて参りたいと思います。
心から感謝申し上げます。
皆様ありがとうございました♪




さ、怒濤の3月!次は17日、大阪倶楽部でのリサイタルです!
たくさん歌曲を歌います!しっかり準備して参ります!
ご来場お待ち申し上げております。

●2016年3月17日(木)
クラシックファンのためのコンサート
第163回 古瀬まきを ソプラノリサイタル
19時開演
大阪倶楽部
http://www.classicfan.jp/index1.html
こちらの記事もご覧下さい♪→クラシックファンのためのコンサートにつきまして

スポンサーサイト
02:41  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/tb.php/210-5309c40c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |