2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.12.29 (Sun)

12月。そして2013年。

色々書きたいことはあったのに、
なんだかんだで一ヶ月もサボってしまいました。
古瀬まきをでございます。

まずは、12月1日の津山第九のことを。
第31回津山第九演奏会にて、ソプラノソロを務めさせて頂きました。

31年という歴史ある演奏会でソプラノソロデビューをさせて頂く事が出来、とっても光栄でした。


憧れの第九ソロでしたが、やっぱり緊張しました
でも、大好きな大好きな曲ですから、緊張しながらもすごく幸せで、
またなんといっても、合唱の皆様の圧倒的なパワーを背中に受けながら歌えるのは、
まさしく喜びに溢れる時間でした。

お世話になった皆様、津山第九をうたう会の皆様、ありがとうございました♪

こちらから当日の模様がご覧頂けます。
http://tsuyama-city.musicfactor.jp/dai9/dai9_13/

それと…
今回はゆっくり観光できなかったけれど、
次は津山の街をしっかりお散歩したい、と思っています。





第九の翌週は、仙台へ!
オペラ「遠い帆」を観劇して参りました。
オペラのような、オラトリオのような、
不思議な世界。

三善晃さんの音の世界にどっぷりと浸かり、終わった後はしばらく動けませんでした。
衝撃。
そしてこの衝撃を今後の自分にどのように活かしていくのか、
今もずっと考えています。

来年夏には東京でも上演されます。
皆さまも是非。
http://www.toiho.info

観劇の翌日は松島へ。
人間ではなく、神様が作った風景は、怖い位に綺麗でした。

そこに残っている、津波の足跡。
ここにも津波が来たことを感じずにはおられませんでした。

実は今回の旅で生まれて初めて、東北の地に足を踏み入れました。

震災後のこの地へ、自分ができることなど何もなくて、
ただ想うことしかできないのだけれど、

行ったことなしに想うのではなく、
行ったことで、想う資格をもらったような、そんな気がしています。


ただただ、一生懸命生きなくちゃ。
そう、思いました。




旅の翌週には生徒さんたちの発表会があり、皆さんの歌に元気と幸せをもらいました♪

レッスンさせて頂きながら、実は私の方が学ばせてもらっています。

生徒さんといっても、ほとんどが私より人生の先輩。
学ぶことばかりです。


ちゃんと勉強していないと、教えることなどできないし…
そして、人にレッスンしてる以上、変な歌は歌えないという緊張感・危機感も高まります。

皆さんの歌う姿を見ながら、お一人お一人が私の師匠だなあ…と実感しました。


色んな人に力をもらっています。
これからも、責任もって歌っていきたいです。



そんな12月、そして2013年ももうすぐおしまい。
早いなあ…


今年は、自分でも驚くような出来事が次から次へと起こり、
毎日が奇跡の連続だと思わずにはいられない一年でした。

感謝の気持ちいっぱいで年の瀬を迎えています。
幸せです。

来年は、日本を離れての修行が待っています。
不安が無いことは無いけれど、
どこに居ても、どんな状況でも
精一杯の一日一日を、繋いでいければと思っています。

2013年、皆様本当にありがとうございました。
来年もどうぞ、古瀬まきををよろしくお願い致します。



スポンサーサイト
12:22  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |