2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2013.02.23 (Sat)

幸福な時間。

木曜日のピアジュリアンナイトライヴ、無事終了致しました♪
おいでくださった皆様、ありがとうございました♪

12月に帝国ホテルで共演させて頂いたのがきっかけで、こうして再び南部やすかさんと共演させていただいた訳ですが…
もう、やすかさんのフルート、素晴らしすぎます

今回のライブは、私が賛助出演させていただいていることもあり、フルートのソロは全てオペラにちなんだ曲ばかりでした。
椿姫、リゴレット、魔笛…

フルートとピアノなので、当然歌詞はありません。
でも、やすかさんの演奏は、フルート一本でも言葉が聞こえてくるんです。


歌手は、もちろん言葉を大事にしなければいけないのですが、
純粋に音だけで、歌詞とはまた違う音楽自体の文章感を伝えること…これはずっと、個人的に目標としていることでもあります。

それを、やすかさんの演奏で目の当たりにしました。
本当にすばらしかった!!

一緒に演奏させて頂いた、【ああ、お母さん聞いての主題による変奏曲】、そして【ルチア・狂乱の場】。
やすかさんの素晴らしい音楽に引っ張って頂いて、そして藤江圭子先生のピアノに助けて頂きながら、歌わせて頂きました。

3人で一緒に音楽出来るのが楽しくて仕方がなかったです。
まさに、音楽の幸福。

この幸福をお客様と共に味わうことができて、幸せな夜でした。
南部やすかさん、ピアノの藤江圭子先生、ありがとうございました。


そして今日は、母校、相愛大学へ。
もうすぐオペラ試演会があるのですが、そのお稽古を見学させて頂いてきました。
今年の演目は、『Cosi fan tutte』

去年のフィガロには合唱で出ていた3回生が、4回生になり今年はソリストに。
とってもいいお稽古見せて頂きました。現役の学生さん、今年もみんな素晴らしい!!

まっすぐに取り組み、そして楽しんでいるのがとても伝わってきて、これまた幸福でございました♪

いやーやっぱり相愛はいい学校やなあと実感!

平日の夕方ですが、もしお時間合う方は28日木曜日16時開演、
相愛大学南港ホールへお出かけ下さいませ♪
http://www.soai.ac.jp/news/news_20130228_opera.html

学生さんに沢山パワーをもらってきたので、
私も明日からさらにがんばるぞっ♪♪



スポンサーサイト
23:43  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.09 (Sat)

21日木曜日♪

昨年12月、帝国ホテルでの演奏会でご一緒させて頂きました、南部やすかさんのナイトライヴに、賛助出演させて頂きます♪

●2013年2月21日(木)
南部やすか ピアジュリアンナイトライヴ

一部 19:30〜
二部 21:00〜

フルート 南部やすか
ピアノ 藤江圭子
賛助出演 ソプラノ 古瀬まきを

チャージ/ 1050円 + ワンドリンク
お問合せ/ 078-391-8081

三宮 ピア・ジュリアン

南部さんの素晴らしい演奏をたっぷりお楽しみ頂けるナイトライブです♪
私は…フルートとソプラノと言えば…!!の、あの曲を演奏させて頂きます!

皆様お誘い合わせの上、ぜひぜひおいで下さいませ♪
南部ちらし_convert_20130209001216


00:17  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.07 (Thu)

大阪バッハアンサンブル演奏会

大阪バッハアンサンブル演奏会のご案内です!

2013年3月26日(火)
開場 18:00
開演 18:30
入場料 3000円
会場 ローズ文化ホール (阪急宝塚線庄内駅徒歩8分)

【プログラム】
●J.S.Bach
カンタータ BWV84『わが幸に心満ちたり』
ソプラノ 古瀬まきを

●J.S.Bach
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042
ヴァイオリン 米川さやか

●J.S.Bach
カンタータ BWV82『われは満ち足れり』
バリトン 鈴木健司

●J.S.Bach  管弦楽組曲2番 ロ短調 BWV1067
フルート 清水信貴

【メンバー】
ソプラノ 古瀬まきを
バリトン 鈴木健司
コンサートミストレス 田村安祐美
ヴァイオリン 岡本伸一郎
ヴァイオリン 米川さやか
ヴィオラ 竹内晴夫
チェロ 北口大輔
コントラバス 林俊武
チェンバロ 田中靖子
フルート 清水信貴
オーボエ 城石賢明

皆様のご来場、心からお待ち申し上げております!!
バッハちらし_convert_20130209000519
12:48  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |