2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2012.03.30 (Fri)

ご心配おかけしました。

ようやく、元気になりました♪
ご心配おかけしてすみませんでした。
心配してメールをくださった方々、ありがとうございます!もう、大丈夫です!

23日はコンサートに出演できず、本当に申し訳ありませんでした。
沢山の方々に温かくフォローして頂き、感謝で一杯です。
特に、ピアノの石原光世さん、テノール中川正崇さん、そして、バリトンの木村孝夫さん、ありがとうございました。

色んな方のお優しさに助けられて、感謝感謝の二週間でした。


体調を崩す前から、体は色々とサインを出してくれていたのですが、なんだか騙し騙し過ごしてしまい、見逃してしまいました…ホントに反省です。
皆様にご迷惑かけることなど二度とないよう、今後はますます体調管理に気をつけます。

毎日元気に過ごせますように。

さて、先日より来月のオペラのお稽古にも復帰!楽しい舞台になりますよう、頑張ります!

ご案内をさせていただきます
●2012年4月28日(土)
河内長野マイタウンオペラ・小ホールシリーズvol.8 陽気な未亡人
会場 河内長野ラブリーホール小ホール
開演 15:00(開場/14:30)
料金 前売4,000円 当日4,500円(全席自由席・税込)
L会員料金 3,500円(全席自由席・税込)

【演出・台詞】清原邦仁
【ピアノ】吉田衣里
【振付・舞踏指導】TEN

【舞台・照明・音響・道具】株式会社 ピーエーシーウエスト

【キャスト】
ハンナ・グラヴァリ:金持ちの未亡人/稲森慈恵
ミルコ・ツェータ男爵:駐仏大使/竹内直紀
ヴァランシェンヌ:その妻/古瀬まきを
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:公使館書記官・退役近衛兵中尉/松澤政也
カミーユ・ド・ロジオン:パリの伊達男/川崎慎一郎
カスカーダ子爵:公使館付随員/清原邦仁
ラウール・ド・サンブリオッシュ:パリの伊達男/橋本恵史
ニェーグシュ:公使の下働き/西村明浩
ボグダノヴィッチ:領事/島袋羊太
シルヴィアーヌ:その妻/金川佳永
クロモゥ:公使館参事官/時宗務
オルガ:その妻/北野智子
プリチッチュ:退役陸軍大佐/木村孝夫
プラシコヴィア:その妻/中村あゆみ

【マキシムの踊り子】
(※)ラブリーホール・ミュージカルスクール
ロロ/森屋結、マルゴ/三柴広子、 ドド/南出舞美(※)、ジュジュ/井筒佳苗(※)、フルフル/菊川晴菜(※)、クロクロ/清水遥(※)

【合唱団】
<ソプラノ>大坂まり絵、樋川綾/
<アルト>上茂優子、中村茜/
<テノール>大淵基丘、谷口耕平/
<バス>岩瀬昌弘、竹内健吾

【主催】(公財)河内長野市文化振興財団<ラブリーホール>

初めての・・・人妻役です
そして・・・久しぶりに踊ります

皆様、是非ご来場くださいませ
4444054_1584805171_86large.jpg



4444054_1584805173_32large.jpg
スポンサーサイト
18:01  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.23 (Fri)

お詫び

皆様、申し訳ございません。
体調不良のため、本日出演予定の
茨木市音楽芸術協会
“ア・ラ・カルト”コンサート~15年目のしめくくり~

出演出来なくなりました。
関係者の皆様、そして何より楽しみにしてくださっていたお客様に、心からお詫び申し上げます。

本番キャンセルなど、あってはならないこと…申し訳ない気持ち、悔しい思いいっぱいです。
とにかく、早く快復しますよう務めます。

古瀬まきを
16:41  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.16 (Fri)

リサイタル!

6月22日金曜日、大阪いずみホールにて、初めてのリサイタルをさせて頂くことになりました♪
チラシをアップさせて頂きますっ♪
4444054_1565512220_131large.jpg
4444054_1565524956_19large.jpg


●2012年6月22日(金)
文化庁委託事業〈平成24年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業〉
新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズ OSAKA6

大阪文化祭参加
古瀬まきを ソプラノ・リサイタル
Makiwo Furuse Soprano Recital
午後7時開演(午後6時30分開場)
いずみホール(JR大阪城公園駅下車)
¥2,500 座席指定

ピアノ 藤江圭子

W. A. モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」
中田喜直:「日本のおもちゃうた」(全7曲)[詞:岸田衿子]
山田耕筰:「風に寄せてうたへる春のうた」(全4曲)[詩:三木露風]
V.ベッリーニ:追憶
V. ベッリーニ:歌劇<夢遊病の女>より
       “せめてもう一度だけ~ああ、信じられない”
G. ドニゼッティ:歌劇<ランメルモールのルチア>より
       “優しいささやきが~香炉はくゆり~悲しみの涙を”

                
主催:文化庁/社団法人日本演奏連盟 
制作:社団法人日本演奏連盟

皆様、どうぞ応援よろしくお願い致します

ご予約・お問合せ
☆社団法人日本演奏連盟03(3539)5131
☆いずみホールチケットセンター06(6944)1188
☆電子チケットぴあ0570(02)9999 http://t.pia.jp Pコード:160-635
☆または、sopmakiwo@hotmail.co.jpまで♪ 右下のメールフォームが便利です♪
00:15  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2012.03.11 (Sun)

放送終了しました♪

昨夜、名曲リサイタルの放送が終わりました。

公開収録においでくださった皆様、そしてラジオに耳を傾けてくださった皆様、本当にありがとうございました♪

舞台の上から客席の皆様に聴いて頂くことはあっても、こうしてラジオというメディアを通して自分の演奏を流して頂ける日が来るなんて、有り難く思う反面、皆様に喜んで頂けるのかしらと、不安な気持ちも沢山ありました。

しかし、放送中、放送後、沢山感想のメイルを頂いたり、このブログにもコメントを頂き、とっっっっっっっても幸せに思っております!素直に…嬉しいです…本当にありがとうございます!

とりあえず、昨夜の古瀬まきをは、放送を聴くのに緊張しすぎてくたくたのふらふらでした(笑)
放送って自分では「粗」ばかりがクローズアップされて聴こえてきますので…もっともっと、まだまだまだまだ研究しないと、と手綱を締め直しております。

とにかくこれからも、皆様に喜んで頂けるような歌い手となれますよう、精進致します。
どうぞ今後もご声援よろしくお願い致します♪

応援してくださった皆様、そしてNHKスタッフの皆様、
本当にありがとうございました♪



今日は、東日本大震災から一年の日。
一年経ってもなお、避難生活を続けておられる方、まだまだ苦しみや痛みの中におられる方が沢山いらっしゃる中、
私のような人間が祈りを捧げるだの、こうして震災のことをブログに書くことすらおこがましく、なんだか失礼な気がしています・・・。

だから。

ひたすら、一生懸命に生きます。
恥ずかしくないように、生きます。
そして、歌って生きます。
23:19  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.09 (Fri)

そして明日は。

いよいよ、名曲リサイタルの放送です。

3月10日19時20分~NHK-FM全国放送
番組ホームページ→http://www.nhk.or.jp/meirisa/
曲目など詳細も出ています。

また、インターネットでもお聴き頂けます。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/
こちらのページからFMをクリックしてください。

まだまだ未熟ですが、精一杯心を込めて歌わせて頂きました。
たくさんの方にお聴き頂けましたら、嬉しいです

といいながら・・古瀬まきを、ただいまめっちゃ緊張しております。
もう収録は終わっているし、今更どうすることもできませんが(笑)


どうぞよろしくお願い致します。


収録ご報告の記事はこちら

それから、我が姉が明日の放送に際してこんな記事を書いてくれました。
よかったらご覧下さいませ。

おねえちゃん、ありがと。
http://lessence.jugem.jp/?eid=221
17:22  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.09 (Fri)

3月8日のご報告♪

昨日は、三宮ピアジュリアンにてライヴをさせていただきました♪
がっつりソロライブは7ヶ月ぶり!
色々ミスもしてしまいましたが…何とか無事終えられたのはピアニスト久田幸代さん、2部でお手伝い頂いた清原さん、応援してくださった皆様のお蔭です!ありがとうございました♪

フィガロが終わって4日後で、体もボロボロ気味、ほんまどないしよう、と前日は不安いっぱいでした。
でもなんと、先日のフィガロを見て、今日のライブに来ました、というお客様がおられたんです(T_T)
有難すぎて、泣きそうでした。めっちゃ幸せでした。
沢山のパワーを、ありがとうございます!!

演奏の反省は超山盛り(>_<)今日からからまた精進でございます!!!

そうだ・・・夕べはなんと、生まれて初めて色紙にサインを求められました
遠方からおいでいただき、第1号を受け取ってくださったお客様、本当にありがとうございました。

プログラム
第1部
J.シュトラウス 春の声
F.シューベルト ガニュメート
W.A.モーツアルト すみれ
R.シュトラウス 高鳴る胸
別宮貞雄 さくら横ちょう
小林秀雄 演奏会用アリア すてきな春に


第2部
G.ロッシーニ 今の歌声は「セヴィリアの理髪師」より
W.A.モーツァルト 恋人よ早くここへ「フィガロの結婚」より
W.A.モーツァルト 男達に、兵士達に「コジ・ファン・トゥッテ」より
G.ドニゼッティ 人知れぬ涙「愛の妙薬」より ゲスト 清原邦仁さん
G.ドニゼッティ ラララの二重唱「愛の妙薬」より with 清原さん
G.フォーレ ピエイエズ 「レクイエム」より
G.プッチーニ 私が街を歩くと「ラ・ボエーム」より

F.レハール メリーウィドウワルツ with 清原さん

ピアジュリアン スタッフの皆様、ありがとうございました♪
17:02  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.09 (Fri)

3月4日のご報告♪

皆様こんにちは♪古瀬まきをでございます。
書かなくちゃいけないことは山ほどあったのですが、ばたばたばたばたばたばたしておりまして、ようやく更新できる状態になりました。
いつものことながら、すんません

まず、
相愛オーケストラ 第57回定期演奏会「フィガロの結婚」
無事に終了致しました!!!
お客様、共演者の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

チケットは完売、満席のお客様に見守って頂き、本当に幸せでした。
また大阪市が募集した無料ご招待150名様に対し、1000名を超えるご応募を頂いたそうで、一同嬉しい悲鳴を上げておりました。ありがとうございました!

大阪市とミラノ姉妹都市30周年記念の公演でしたので、
指揮はパオロ・ベッローリ氏、伯爵役にロレンツォ・バッタジョン氏をお迎えし、新しい結びつきを頂けましたことも、とても幸せでした。

色々不安なこともありましたが、お客様、関係者の皆様に支えて頂き、そして「フィガロの結婚」という作品の偉大さに助けられて、無事終えることが出来ました。ありがとうございました!

今回の舞台は、母校相愛大学主催の公演でしたので、お世話になった先生方や、先輩、後輩、同期と一緒に舞台を作ることが出来、他の舞台とはまた違う一体感の中で歌わせて頂きました。

フィガロ役の萬田一樹先生は、私が3回生で初めてフィガロを勉強したときのフィガロさん!いわば、最初の旦那さん(笑)
ロジーナの白濱梨枝子さんは、憧れの先輩ロジーナとスザンナはハーモニーが沢山ありますが、先輩と歌えることの幸せったらなかったです!!
しかも!!
萬田先生、白濱さん、私は同じ木川田誠先生の門下なんです。
そんな3人で、ロジーナ、フィガロ&スザンナを演じさせてただけるなんて…木川田先生も、きっとお空から見守ってくれていたのではないかと思います。

ケルビーノの阪上真知子ちゃんは一期下の後輩、
そしてバルバリーナの東澤妙子ちゃんは同期!!!

オーケストラピットには、現役の学生さんつまり後輩ちゃんたちが一杯!!
何だか、大きな家族で舞台を作っているような、そんな感覚でした。

また、ベッローリ氏が来るまでのお稽古で指揮をしてくださっていた船曳圭一郎先生(先生は毎年学生さん公演の指揮をされています、勿論私が学生時代も!)、
バッタジョン氏合流まで伯爵役をしてくださった米田哲二先生にも、沢山沢山支えて頂きました。本番中も♪ありがとうございました!

また…演出の岩田達宗さんのお稽古を通して、またさらにこの作品が大好きになりました。
モーツァルトって、フィガロって、なんて凄い作品なんだ、と日々恐れ入ってしまうほどに。
岩田さん、ありがとうございました!

最後に…2月28日に本番を終えた、4回生&専攻科の皆様!!
本当にありがとうございました♪
彼女たちの舞台、ほんんんんっとうに素晴らしかったんです(>_<。)彼女たちと一緒にお稽古出来、どんどんどんどんきらめきを増していく様子を間近で見せて貰えたこと、感謝しています。
こころから尊敬する、偉大な後輩達!ありがとう!!!

私が相愛へ入学したのは2002年の4月。
10年経った春に、こうしてスザンナ役を母校の公演で歌わせて頂くことができ、感謝で一杯です。
この公演に携わってくださった全ての皆様に、心からお礼申し上げます。


大好きなスザンナ、貴女と再会できて本当に嬉しかった。
またきっと、逢おうね。
4444054_1557183693_29large_convert_20120309150301.jpg

15:43  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |