2010年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2010.12.31 (Fri)

2010年の終わりに。

元気に、大晦日を迎えることができました♪
有り難い、濃い、幸せな一年でした♪
古瀬まきをと関わって下さる、すべての皆様のおかげです。

今年も、古瀬まきをを応援して下さり、またこのブログをご覧頂き本当にありがとうございました。


しかし・・・時の流れが早過ぎやしませんか??
年々、一年が短くなって行っているような気がします



「AU×カルメン×具体」で幕を開けた2010年。
思い出深い横浜みなとみらいホールでのコンサートをはじめ、今年も有り難い事に沢山のコンサートに出演させて頂きましたが、
私にとってはやっぱり、「カルメル会修道女の対話」コンスタンス修道女を演じさせて頂いたこと。

思えば、オーディションの詳細を知り、やっと手に入った楽譜で譜読みを始めたのが1月でした。

そのときからずーっとコンスタンスは私の側に居て、4月にオーディションに通ったときは、どれだけ嬉しかったか。
8月末の本番が終わるまで、ずっと彼女は私の側にいてくれました。
カルメル会の記事はこちらです。
終わってからも、だいぶ引きずって・・・あ、今もかもしれない。
コンスタンススイッチが入ると、今でも彼女との対話は止まらなくなります。

あやしいですか??すんまへん。

一年の2/3を共に過ごし、こんなにも自分と対話してくれる役に出会えたことは、今年1番の出来事かもしれません。




9月に受けた長久手国際オペラコンクールでは、初めて、ファイナルという場に出させて頂きました。
そして、コンクールを通して、ある先生とのご縁を頂き、今、新たな勉強をさせて頂いています。


大学院を出て、歌い手三年生となった2010年。
今までやってきたことが、ある程度の実を結び(まだまだまきをサイズの実ですが)、そしてそこからまた新しく大きな課題、そして、今までは全く知らなかった道を見つけることが出来た一年だった気がします。

2011年は、今年新しく見つけた道に、勇気を出して進んでみようと思います。
次の段階に行ってみせます!!


今年も出会いに恵まれた一年でした。

作品との出会い、師匠との出会い、素敵な共演者、スタッフさんとの出会い、
そして、お客様との出会い・・・

皆様のおかげで出会えた、新しい自分。

沢山の温かい方々に囲まれ、古瀬まきをは幸せです。


今年一年、本当にありがとうございました!!


2011年は、いろいろチャレンジさせて頂く予定ですが、
予告としましては・・・まきを的超新キャラへの挑戦、そして初バロックオペラで男の子に挑戦させて頂く予定です。

どの舞台も、お客様に楽しんで頂けるよう・・・ソプラノ歌手として精進致します。
応援宜しくお願い致します。

どうぞ皆様、良いお年をおむかえくださいませ♪



あ・・・あの、ブログ、ブ、ブログもマメに更新できるように・・・
えっと、写真なんかも載せたりして、ちゃんと、それらしく・・・
が、がががんばります。


感謝を込めて      古瀬まきを
スポンサーサイト
16:29  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.24 (Fri)

クリスマス礼拝。

今日は、とある場所のクリスマス礼拝にて、歌わせて頂いてきました。
いつも素晴らしいお話をしてくださる牧師先生のお話。今夜はホント、心にしみました。


♪♪
神様が私たちに、イエス・キリストという素晴らしい贈り物をして下さったように、
愛を表現するためには、言葉だけでなく、行動で示す必要がある。
2011年は、愛を表現するために自分達は何をすればいいのか考え、愛を探る一年にしましょう、そしてそのために我々は、どのぐらい頑張ればいいのか・・・

頑張るのではなく、神様に委ねるのです。


どのくらい、委ねられるか、どのくらい信じることが出来るか。
神様は、我々に必要なものは、もう全て与えて下さっています”

♪♪

今、ちょっとチャレンジしてみようと思っていることがあって、
楽しみな気持ちの反面、不安も抱えている私にとっては、とても有り難い言葉でした。

神様に委ねることで、神様が道を示して下さる。
私はその道を、懸命に歩けばいいんだって思えました。
すごく救われました。



礼拝の最後に、お客様と一緒に鳴らしたベル♪
K3410006-1_convert_20101224004346_convert_20101224004502.jpg

皆様も、素敵なクリスマスをお過ごし下さい







00:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |