2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.12.29 (Fri)

ひこねカルミナ、そしてピア・ジュリアン♪

201712291100352d8.jpeg
12月17日「ひこね発!手づくり第九演奏会」無事終演致しました!
初めてのそして憧れのカルミナ・ブラーナ ソロを、指揮の藏野雅彦先生、
いつもとてもお世話になっています桝貴志さん、そして院1のときの学部1回生で、カウンターテナー中嶋俊晴さんとご一緒でき、とても幸せでした。

そして、脇阪法子ちゃんの第九ソリストデビュー!
20171229110111a76.jpeg

本当に素晴らしくて、立派に務めている姿を花道から観させて頂き、もう胸が一杯でした(泣)
20回という記念すべき公演、
あらゆるご縁に心から感謝!
20171229110810cd7.jpeg
頂いたひこにゃんグッズ♪



12月23日には2017年の本番納め、ピアジュリアン ナイトライヴ無事終演致しました♪
おいでいただいた皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました♪
マッチョでへヴィー、そして何よりチャレンジャブル❤️なプログラムとなりましたが、共演の張泰士さん、山本聖美さん、そしてピア・ジュリアンという不思議な場所の力を貰っておかげさまで無事終演致しました。
感謝感謝です。

今回のプログラム、モテット以外はすべてお初ものでした。
特に…歌うとDresdenを思い出さずにはおられないSchubertのAuf dem Strom、そして大変だったけれど大変さが妙な快感になっていったブリテンのセレナーデ。
また素敵な曲に出会うことが出来ました。
ブリテン、テノールの曲だけれど、また歌ってもいいですか?
いいですよね?歌いたい。歌います!!

ピアジュリアンで初めて歌わせていただいてから、なんと早10年半。
初めて共演させていただくお二人とのプログラムを、
「未来に向かっている」と社長が喜んでくださったことをとても嬉しく思います。

プログラム
一部
・Mozart: Exultate,jubilateより
  Exultate,jubilate
・Mozart: Cosi fan tutteより
  Ei parte…senti!...~Per pieta ,ben mio perdona
・Laurence Lowe:  Intermezzo for Horn & Piano
・Schubert :Auf dem Strom

二部
・S.Rakhmaninov: Vocalise
           Moments musicaux  より 4番
・B.Britten: Serenade for Tenor Solo,Horn and Strings
Prologue
Patoral
Nocturne
Elegy
Dirge
Sonnet
Epilogue

アンコール
 Sylvester Levay:Elizabethより
  Ich gehör nur mir

今回は、高校生のころ歌いまくっていたエリザベート「私だけに」も初披露させて頂きました。
あのころの未来に、今いるのですね。
社長の「未来に向かっている」という言葉が、とても心に響きました。
来年もまた沢山の挑戦と鍛練に励みたいと思います!


この日は写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。
Serenadeの楽譜を記念に♪
201712291101443be.jpeg

スポンサーサイト
11:09  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.12.16 (Sat)

La voix humaine

12月9日、奈良ニッセイエデンの園 ふれあいプラザ(高齢者総合福祉センター)
12月14日、大阪倶楽部での「人間の声」、無事に終演致しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
古瀬まきをで「人間の声」をと、この場を与えてくださったプロデューサーの黒瀬紀久子先生、
そして黒瀬先生を通じて素晴らしいピアニスト、遠藤玲子さんとの出会いを頂くことができました。玲子さんとでなければ歌えませんでした。
字幕の藤野明子さん、ミチヤシステムズさん。私には勿体ないような、愛溢れるサポートを、沢山沢山してくださいました。
そして奈良公演、ふれあいプラザの森田さんには小道具の電話を頂戴し、
両公演とも素晴らしいスタッフの方々に支えられ、沢山のお客様にご来場頂き、最後まで歌わせて頂くことができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ふれあいプラザでの本番中の写真、いくつか掲載させて頂きます。
20171216023917bf4.jpeg201712160253087ed.jpeg20171216025330c36.jpeg
20171216025346ce4.jpeg20171216025404cea.jpeg

こちらは大阪倶楽部終演後、素晴らしいピアニスト遠藤玲子さんと♪
20171216025429fd7.jpeg20171216025446ba7.jpeg

La voix humaine 人間の声
この作品と約一年2ヶ月向かい合い、闘い、愛し合いました。
心が折れそうになったこともありましたが、本番に向けて何度もレッスンをしてくださった先生方に助けられ、
また、これまでに様々な方から教えていただいたこと、楽譜の読み方、そして演じた役柄たちが、この作品を歌わせてくれたように、感じています。
「大丈夫、できる」と鼓舞し続けてくれた家族にも感謝です。

先月25日、松本美和子先生の「人間の声」を聴きに行った帰りのこと。
胸が一杯で、帰り明治神宮にお詣りしようとしたけれど閉門時間になってしまい、近くの穏田神社へ行きました。

貼ってあった今月の言葉が、なんと世阿弥の
「命には終あり。能には果てあるべからず。」
これからもこの作品、ずっとずっとずっと、歌い続けたいと思います。
心からの感謝を込めて。




さあ、明日は、いよいよカルミナ・ブラーナです!
●2017年12月17日(日)
第20回ひこね発!手づくり第九演奏会
14時開演
ひこね市文化プラザグランドホール
 指 揮 藏野雅彦
ひこね第九オーケストラ
ひこね第九合唱団

プログラム
オルフ  「カルミナ・ブラーナ」
ソプラノ 古瀬まきを  
テノール 中嶋俊晴
バリトン 桝 貴志
   
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」
ソプラノ 脇阪法子   
アルト  中嶋俊晴
テノール 井上元気   
バリトン 下林一也

20171116180806a74.jpeg


http://www.geocities.jp/hikonedaiku/index.html

これから彦根へ行って参ります!
13:16  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.16 (Thu)

怒濤の11月前半、大感謝の巻。

怒濤の11月前半、まとめて更新させて頂きます。

まずはこちら!
公演が終わってから、もう早2週間近く経とうとしていますが…汗
大変遅ればせながら、東京文化会館オペラBOX「Help!Help!グロボリンクスだ!エイリアン襲来」無事終演致しました。
20171116180726d60.jpeg

ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、そして関係者の皆様、心からありがとうございました!

まだ歌を歌ってもない頃からテレビで観ていた、そして客席から観ていた憧れの佐藤美枝子さん、
大学院でお世話になった折江忠道先生を始め、素晴らしい共演者の方々との稽古、そして本番は本当に私にとって贅沢な有り難い時間でした。こんな素晴らしい舞台の一部にならせていただけたこと、
あらゆる方向からマエストロ柴田真郁さん、そして演出の岩田達宗さんに導いて頂けたこと、感謝しかありません。
また、関西を離れての生活でしたが、共演者の方々、スタッフの皆様、すべての方に本当に親切にしていただきました。

そしてそしてそして!!
ヴァイオリンを持ったことさえなかった私に、この役のためのレッスンをしてくれた、相愛大学同期の竹内麻理子先生❤️
ありがとうございました❤️

お話を頂くまで全く知らなかった作品、メノッティの【Help!Help!the Globolinks!】
出会えてよかったです。
エミリーは、想像を遥かに越える難役でした。向こう見ずに暴走して失敗するスザンナと、人生の試練に苦しむパミーナが混ざったような役。
オペラをやる以上、音楽をやる以上常に課題にぶち当たるわけですが、
エミリーでぶち当たる課題は、毎日形や色を変えて私の目の前に現れました。
その変化に困惑し、とてつもなく苦しかったけれど、たぶんここから先はもっと苦しいよ、乗り越えなよ、という暗示のような気もします。

それらも含めて、やっぱり、オペラを出来ることはなんと有り難いことか、幸せなことかと感じました。
そして、私はもっと変わっていきたい。

エミリーからの宿題、これからひとつずつ、徹底的にやっつけて参りたいと思います‼大感謝!!


エミリーを無事終えて帰阪後11月9日は、
相愛大学声楽教員によるコンサートでした。
トップバッターで汗、シャモニーのリンダ O luce di quest'anima
そしてプログラム最後に、山田健司先生とパパパの2重唱をさせていただきました。
山田健司先生を囲んでと題したこのコンサートで、山田先生の代名詞のようなパパゲーノさんのパパゲーナをさせていただくという…!!なんと有り難かったことでしょう!
私自身も学生時代からオペラの授業でご指導を頂いた山田先生とのパパパ、本当に幸せでした♥️

 コンサートの模様はこちら♪→http://www.soai.ac.jp/blogs/2017/11/-soai-vol42017.html

その翌月曜日13日には、
相愛大学ウィンドオーケストラ第39回定期演奏会におきまして、
ティケリ作曲 エンジェルズ イン ジ アーキテクチャー の中のソプラノパートを歌わせて頂きました。


卒業生として定期演奏会に出演できるだけでもものすごく幸せな事なのですが、今回なんと、
今年私が副科声楽を担当している6名全員がティケリに乗っていて(曲によっては降り番のこともあるのに!)、全員との共演が叶いました!こんなことがあるでしょうか!!

会場は、ABCフレッシュコンサートぶりのシンフォニーホール!
今回は舞台ではなくバルコニーだったので、いつもとはまた違う環境で、また打楽器のみのところから私の歌がスタートするので、
もう、それはそれはとてつもなく緊張しましたが、
指揮 新田ユリ先生に魔法のように導かれ、学生たちのパワーと素晴らしいサウンドに後押しされ歌わせて頂きました!相愛卒業生として、この有難い舞台で素敵な作品に参加出来たこと、ただただ大感謝です!

20171116180745f82.jpeg
大好きな新田先生と♥️
学生と写真を撮れなかったのが残念…

相愛トランペットTwitterに舞台写真が出ています、よかったらご覧ください♪https://mobile.twitter.com/soai_tp/status/930435396512530432

そんなこんなで、改めて母校相愛大学への愛が深まった1週間でもありました。
ほんと、いい大学です相愛!!

さて今の私は!
12月9.14日のプーランク「人間の声」を必死で準備中です。

●2017年12月14日(木)
第182回クラシックファンのためのコンサート
19時開演
大阪倶楽部

プーランク作曲
オペラ 人間の声
la voix humaine

ソプラノ古瀬まきを
ピアノ遠藤玲子

http://www.classicfan.jp/_182_0.html

同じ演目を、12月9日奈良ニッセイエデンの園
ふれあいプラザ(高齢者総合福祉センター)でも上演させていただくこととなっています。

大好きなプーランクですが、本当に難しく、またやればやるほど難しく焦る気持ちもありますが、
しっかり丁寧に、1音1音、一語一語を愛しながら準備を進めて参りますので、皆様ぜひ応援よろしくお願い致します!

以降の出演スケジュールはこちらです♪
http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/blog-entry-85.html
18:25  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.08.23 (Wed)

平野節子バレエスクール第30回発表会 記念公演 無事終演♪

もう早1週間以上経ってしまいました!

平野節子バレエスクール、第30回発表会 記念公演、無事終演致しました!
愛する古巣の舞台に歌い手として立つ…感無量でした。

バレエの恩師、平野節子先生の尼崎市文化功労賞と同じ年度に、奇跡的に私も尼崎市民奨励賞を頂き、
授賞式での再会(その時の記事はこちら)をきっかけに、卒業生のソプラノ歌手として記念すべき30回の舞台へと、立たせて頂くことが出来ました。
すべての奇跡と、バレエを離れてもなお私の事を想って下さる平野先生の深い愛に、感謝しかありません。

尊敬する恩師 平野節子先生、
その先生のもとに集まってくる素晴らしい方々。
かつて私もお世話になった先生方や卒業生が沢山来られていて、懐かしい再会が沢山。舞台上からいろんな愛を感じました。
文字通り、お盆の里帰り。
“真紀ちゃん”と愛情を持って呼んでくださる方々に囲まれながら、
この方々のおかげでソプラノ“古瀬まきを”になれたのだ、と痛いほど感じました。


私が出演させて頂いたのは、コンテンポラリー作品「響幻」
振り付けをしたのは、同じ卒業生で、共に切磋琢磨した、今在家祐子ちゃん。
彼女の素晴らしい振付で魔法の様に躍動する現役平野っ子11人と、
關口康祐さんのピアノに助けられ、あのなんともいえない空間で歌えたこと、
一生の宝です。
20170823021836af8.jpeg
ピアノ關口康祐さんと♪そのすんばらしいピアノだけで無く空気作り、空間作りの面でも本当に助けて頂きました!
大感謝!!


そして、幼なじみであり、濃厚なバレエ時代を共に過ごした仲間であり、
今やロイヤルバレエのプリンシパルとなった、平野亮一さん。
亮ちゃん。

亮ちゃんの王子、素晴らしいって、わかってたけど、わかってたけど、わかってたんやけど、
もう、言葉にならなかった。
どれだけの努力をしたのだろう。
彼の踊る姿に涙が止まりませんでした。
久しぶりにたくさんたくさん話が出来て、よかった。
ありがとう、亮ちゃん。

20170823021829203.jpeg
亮ちゃんと並ぶと、私のムチムチ感が際立ちます汗


7歳から21歳、平野節子バレエスクールでのバレエ時間14年。
いくつもの環境の変化と怪我でバレエを辞め
そこから14年が経ちました。
35歳。ちょうど、バレエと歌が14年ずつはんぶんこ。
これからは、歌人生の方が長くなって行きます。
その節目となる年、この舞台に立てた奇跡に心から感謝します。
そして、バレエをやらせてくれた母に、感謝。
さ、また次に向かって「古瀬まきを」がんばるぞ。

201708230220430b3.jpeg
プログラムより♪
珍しい、バレエ歴入りのプロフィールです♪


02:42  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.10 (Mon)

クラシカルサロンコンサート終演♪

7月8日(土)シューベルティアーデ倶楽部クラシカルサロンコンサート無事終演いたしました!

たくさんのご来場、誠にありがとうございました♪

新井俊稀さん、田中悠一郎さんという素晴らしいお二人との共演は本当に幸せで、
お二人のおかげでまたさらに楽曲の持つ力に気付かされ、突き動かされた、なんともいえない素晴らしい時間でした!

ただただ大感謝!

シューマンの2重唱は、とても神経を使う繊細な難曲ですが、
このスリルと美しさを新井さんとご一緒できましたことは、
なんとも言えない至福!

そしてそして、ピアノの田中悠一郎さん。
今回初めて共演させていただきましたが、もう、その素晴らしさに圧倒されました。
音楽のスケールの大きさ、温度の高さに、
私の中からも新しいエネルギーが生まれるのを感じ、
新たな自分に出会えたような気がしています。

歌わせて頂いた「乙女の花」全曲、「からたちの花」
どちらも何度か本番で歌わせて頂いている曲ではありますが、
まったく違う景色や匂いに出会わせて頂きました。

いえ、出会ってしまいました。

これは、大切にしていかなければ。

新井さん、田中さんという素晴らしいお二人との時間に感謝して…



さあ、次は7月28日!!これまた素晴らしいお二人との共演です!

こちらをどうぞ♪



02:29  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT