2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.07 (Fri)

日本語→ドイツ語♪

先週土曜日は、深新會関西作曲作品展におきまして、
故 山田光生先生の歌曲作品を歌わせて頂きました。

歌えば歌うほど好きになっていった山田先生のすばらしい歌曲。
日本語を歌えることの幸せも、また新たに知ることが出来ました。

私は学生時代、山田先生と直接お話しすることはできませんでしたが、
今回歌わせて頂いた曲を通じて、先生とお話ししているように感じ、
特に本番中は、なんともいえないあたたかな気持ちが心にひろがりました。

先生が近くにいてくださったのだと、信じています。

この機会をくださった深新會関西の先生方、
共演いただいたピアノの藤江圭子先生、
ご来場いただいたお客様、心からありがとうございました。


先生の歌曲、今後も歌わせて頂きたいと思います。



さ、今週末は、がっつりどっぷりドイツ語です!


●2017年7月8日(土)
シューベルティアーデ倶楽部
クラシカル・サロン・コンサート
開 演:14時00分〜(30分前開場)
場 所:いたみホール 中ホール
バリトン:新井俊稀
ピアノ :田中悠一郎
<ゲスト>
ソプラノ:古瀬まきを
一般:3,000円/学生:1,000円
ロベルト・シューマン作曲
4つのデュエット op.78
大中恩作曲
五つの抒情歌
R.Strauss
少女の花 全曲
https://www.schubertiade.club/blank-1

シューマンのデュエットに初挑戦いたします♪

これまでも何度かご一緒させていただいています新井俊稀さんとのデュエットは、いつも気持ちよすぎるのですが、
このようながっつりデュエット作品でご一緒できますことが、とてもとても幸せです!!!!!!

新井さんは 大中恩:五つの抒情歌 などなど歌われます♪必聴です!

そして私は、R.シュトラウスのMädchenblumen 少女の花 全曲を演奏致します。
愛するこの4曲を、素晴らしいピアニスト田中悠一郎さんと共演できるよろこび!!
あーもー!!!楽しみ!!

Mädchenblumenを本番に乗せるのは、6回目になりますが、
歌う度に発見があり今回もまた、新たな景色を見ながら歌っています。
本当に素晴らしい、超絶変態な曲❤️
ああ、大好きです❤️

私が楽しんでも仕方が無いので、皆様にお楽しみ頂けますよう頑張ります!
ご来場お待ち申し上げております!

170708schubertiade_チラシ-5
170708schubertiade_チラシ-5 2

スポンサーサイト
01:22  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.14 (Wed)

ホフマン物語、無事終演!

河内長野マイタウンオペラ・ホフマン物語

無事終演致しました。

ご来場くださいましたお客様、
お世話になったすべての関係者の方々に心より御礼申し上げます。
201706140250584dc.jpeg


牧村マエストロ、中村敬一先生、素晴らしい共演者の方々。
また有り難い繋がりを頂く事が出来ました。幸せです。

あまり上演されないホフマン物語。
この作品に一本関われる日が来るとは、夢にも思いませんでした。
しかも、オランピアで。

やっぱり河内長野ラブリーホールは、
これまでも、これからも、
私の道を新たに延ばしてくれる場所でした。

感謝の気持ちで一杯です。

さて。
愛するオランピアちゃん。

オランピアと言えば、
オランピアの唄。
そして、人形振り。

お稽古が始まってすぐ敬一先生に教えて頂いた、伊豆の野坂オートマタ美術館に即出向きました。

20170614025001ce3.jpeg

一日こもって、オートマタの先輩方を穴が空くほど見つめました。(また御礼を言いに行かねば。)

その日以来、博物館で買ったDVDがお友達。
20170614025128f48.jpeg


さらにいろいろな方に指導を仰ぎ、
特に、カヴァーで入ってくださっていた久保尚子さん、
そして夫には随分助けて貰いました。ありがとうございました。

お稽古が大分進んだ頃、
自分でなんとなく、私やっぱりなんかバレエっぽくなるよなあ、このままでええんやろか、と思っていましたら。

新たなお題。
音楽とずらして♥️

どないすんのー!!

考えに考え抜き、苦しんだ人形振りと、
元から難しい歌の両立は、本当に難しかったです。

歌の面でも様々な方に助けて頂きました、マエストロ始め、音楽スタッフの皆様、そして師匠…

いろんな方に助けられて立てた本番は、
途中から記憶がありません。

本番の記憶が無いのは、春秋座ボエーム以来です。
あのときも、牧村マエストロでした。

マエストロの音楽の力に導かれ、
またひとつ愛する役柄に出会えた事、心から感謝です。

今回得たこと、
新たな課題を見つめながら、
またひとつひとつ歩んでいきたいと思います。

感謝を込めて。

Olympia 古瀬まきを
03:13  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.10 (Sat)

明日!ホフマン物語♪

いよいよ明日になりました。
20170415005517b79.jpeg201704150100159ec.jpeg

2017年6月11日(日)
河内長野マイタウンオペラ vol.15
オッフェンバック「ホフマン物語」[原語上演・日本語字幕付・全5幕]
河内長野ラブリーホール大ホール
開演 14:00(開場 /13:30)
S席6500円 残券あり
A席4500円 残券あり
B席2000円 完売しました

学生・全席2000円 残券あり

【指揮】
牧村邦彦
【演出】
中村敬一
【合唱指揮】
田中希美
【管弦楽】
大阪交響楽団
【合唱】
河内長野マイタウンオペラ合唱団
【キャスト】
ホフマン/千代崎元昭
ニクラウス・ミューズ/橘知加子
リンドルフ・ミラクル博士・コッペリウス・ダベルトゥット船長/松澤政也
オランピア/古瀬まきを
アントニア/平野雅世
ジュリエッタ/木澤佐江子
アントニアの母/岸畑真由子
スパランツァーニ/東平聞
クレスペル・ルーテル/木村孝夫
シュレーミル/西村明浩
アンドレス・コシュニーユ・フランツ・ピティキナッチョ/谷口耕平
ヘルマン/奥村哲
ナタナエル/近藤勇斗
ステッラ/奈良絵里加
【主催・企画・制作】
(公財)河内長野市文化振興財団<ラブリーホール>

当日券ございます♪
ひとりでも多くの方のご来場お待ちしております!!!!

古瀬は明日、こんな感じでお待ちしております!
DB82JPMUwAA2lhu.jpeg

お越しくださる皆様、どうぞお気を付けておいでくださいませ♪
19:01  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.01 (Mon)

4月無事終了♪

昨日は、たんば田園交響ホールでのええとこどり!でした♪

沢山のご来場ありがとうございました!

事前のPRにも行かせて頂いた丹波公演♪
素敵なホールで歌わせて頂き、個人的な発見が非常に多くあった本番となりました。

丹波と言えば…小学校5年生の時の自然学校!
緑豊かな風景は未だ鮮明に心に残っているのですが、まさかこのような形で、オペラ歌手として再び丹波の地に立てるなんて。
なんだか感慨深いものがありました。

さ、フィガロ ええとこどり!も、残り5公演となりました。

ますます愛しいスザンナ、大切にひとつずつの公演をがんばっていきたいと思います。

大好きな共演者の皆様、スタッフのみなさま、ありがとうございます♪

次回公演は5月7日の明石公演!
とても大きな劇場ですが、なんと完売!
ありがとうございます♪♪



そして、前後しましたが
4月29日には、ドルチェ楽器さんでの「バッハの夕べ」が無事終了しました。ご来場ありがとうございました!
城石賢明さんのような40年に、1㎜でも近づくべく、もっともっと努力しないと!と改めて感じた本番でした。

今回演奏させて頂いた曲はどれもとても奥深い難しさがあり、
どこまで近づけたかはわからないのですが、こうして様々な曲を通して、自分の楽器や音楽、
そして生き様をも省みることが出来る事を、とても幸せに思います。

それにしても私は、人にも曲にも、ご縁に恵まれているなと感じます。感謝です。
さて!怒濤の4月後半、無事終わりました!
気を抜かず、時間と身体を大切に扱いながら、懸命に走り続けたいと思いますっ!
15:44  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.04.28 (Fri)

芸文公演終了!

フィガロの結婚ハイライトコンサートええとこどり!
兵庫県立芸術文化センターでの公演、二日間が無事終わりました!!

平日のお昼間にも関わらず二日間とも即完売!
おいで頂き、盛り上げて頂いたお客様、まことにありがとうございました!

芸文のホームページに写真が掲載されています♪
どうぞごらんくださいね♪
http://www.gcenter-hyogo.jp/figaro/news-column/

引き続き、元気いっぱいがんばります!

さあ明日29日はドルチェ楽器さんにてバッハの夕べ!よく休み、よく振り返り、丁寧に準備に励みます。支えて下さる皆様に大感謝です!
明日のコンサートはこちらです♪→城石賢明バッハの夕べ

ええとこどり次回は30日丹波公演!チケット発売中です!
https://www.city.sasayama.hyogo.jp/denen/syusai2017.html#20170430



16:02  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT