fc2ブログ
2022年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2022.12.31 (Sat)

トップページ

ようこそ、おいでくださいました。
ソプラノ・古瀬まきをのページです♪よかったら、のぞいていってくださいませ

10346194_821944774555171_7162388633376792602_n-1.jpg
プロフィール  更新しました♪
出演スケジュール 更新しました♪

初アルバム「詩(うた)が咲くとき」
ワコーレコード より発売中
184762356_4048417755241174_6723505325515849892_n.jpg


Twitter♪古瀬まきを@sopmakiwo
Facebookページ♪https://www.facebook.com/sopmakiwo/


演奏依頼、チケット、CDのお求めは
各SNSメッセージ
または
メールsopmakiwo@hotmail.co.jpまで。

PCの方は左のメールフォームが便利です♪


スポンサーサイト



23:59  |  トップページ  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

2022.04.23 (Sat)

出演スケジュール 一覧

ご覧頂きありがとうございます。

お問い合わせ、チケットのお申し込みは各公演お問い合わせ先、
また古瀬メールアドレス sopmakiwo@hotmail.co.jp でも承っております。
PCの方はメールフォームが便利です♪


●2022年5月14日(土)
2021122317101463c.jpeg20211223171015937.jpeg
日本センチュリー交響楽団第264回定期演奏会 
会場:ザ・シンフォニーホール
14時開演  
[プログラム]ディーリアス:イギリス狂詩曲 「ブリッグの定期市」
       ブルッフ:スコットランド幻想曲 作品46
       ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲 第3番 「田園交響曲」
       
[指揮]秋山 和慶(日本センチュリー交響楽団 ミュージックアドバイザー)
[ヴァイオリン]辻 彩奈 [ソプラノ]古瀬まきを
[料金]A席 6,500円 / B席 5,000円 / C席 3,500円 / D席 1,500円
https://www.century-orchestra.jp/concert/264-teiki/

お求めはこちらから→」https://yyk1.ka-ruku.com/jcso-s/showList

●2022年7月30日(土)

●2022年8月14日(日)

●2022年8月20日(土)

●2022年9月3日(土)
大阪バッハ合唱団第24回演奏会
曲目: J.S.バッハ ロ短調ミサ曲

開演14:00 開場13:15(予定)
場所: 豊中文化芸術センター大ホール

指揮・テノール: 畑 儀文
ソプラノ   : 古瀬まきを
アルト    : 永松 圭子
バス     : 篠部 信宏
管弦楽    : ザクセン・カンマーオーケストラ
合唱     : 大阪バッハ合唱団

*チケットにつきましては追ってご案内致します。
https://www.facebook.com/BachchorOsaka

●2022年9月11日(日)

●2022年10月1日(土)

●2022年12月11日(日)

●2022年12月25日(日)

●2023年3月26日(日)


チケットのご用命、演奏依頼、お問い合わせは
古瀬まきを sopmakiwo@hotmail.co.jpまで♪
PCの方は左のメールフォームが便利です♪
22:22  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2022.04.05 (Tue)

古瀬まきを プロフィール


54515625_2188743897875245_3738406188035866624_o.jpg


古瀬まきを  Makiwo Furuse 
ソプラノ Soprano
1982.5.20生  兵庫県尼崎市出身。
相愛大学卒業、京都市立芸術大学大学院修了。平成25年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として一年間ドイツ・ドレスデンにて研修。

第10回高槻音楽コンクール奨励賞、
第60回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選、
第24回摂津音楽祭大阪21世紀協会賞、
第6回長久手国際オペラ声楽コンクールファイナリスト、
第15回松方ホール音楽賞(オペラ部門)、
第31回飯塚新人音楽コンクール声楽部門第2位、
第9回藤沢オペラコンクール入選、
平成25年度奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門第1位および中田喜直賞、
第22回ABC新人コンサート最優秀音楽賞、
第25回宝塚ベガ音楽コンクール声楽部門第3位。


2008年びわ湖の夏・オペラビエンナーレ「フィガロの結婚」バルバリーナ役でオペラデビュー。
横浜オペラ未来プロジェクト2009「フィガロの結婚」(演出 ミヒャエル・ハンペ氏) スザンナ
ひろしまオペラルネッサンス「カルメル会修道女の対話」コンスタンス・「魔笛」パミーナ・「フィガロの結婚」スザンナ
春秋座「ラ・ボエーム」ムゼッタ
みつなかオペラ「ランメルモールのルチア」ルチア
堺シティオペラ「ロメオとジュリエット」ジュリエット・「ナクソス島のアリアドネ」ツェルビネッタ
藤沢市民オペラ「フィガロの結婚」バルバリーナ
日本オペラプロジェクト 「藤戸」子供
河内長野ラブリーホールマイタウンオペラ「ホフマン物語」オランピア
東京文化会館オペラBOX「Help!Help!グロボリンクスだ!〜エイリアン襲来」エミリー
クラシックファンのためのコンサート プーランク「人間の声」女
VOC「エツィオ(日本初演)」フルヴィア
兵庫県立芸術文化センター「アマールと夜の訪問者たち」アマール
アクリエひめじオープニングシリーズ 池辺晋一郎:「千姫(初演)」おちょぼ
など、各地の様々なプロダクションにてオペラに出演。

平成24年度新進演奏家育成プロジェクト リサイタルシリーズにてソロリサイタルを開催(大阪 いずみホール)。NHK FM〈名曲リサイタル〉〈リサイタル ノヴァ〉、ABC フレッシュコンサート(朝日放送にてテレビ放映)、明日を担う音楽家による特別演奏会、いずみホールランチタイムコンサート、ベガホールよりみち音楽会、兵庫県立芸術文化センターワンコインコンサート(声楽初の一日2回公演)、マグノリア・サロン・コンサート他、数多くの演奏会に出演。
第九、マタイ受難曲、カルミナ・ブラーナ ソプラノソロの他、大阪バッハアンサンブルメンバーとして、J.S.バッハのカンタータソリストとしても出演を重ねる。オオサカ・シオン・ウィンドオーケストラ第125回定期演奏会では、J.バーンズ:交響曲第9番(日本初演)ソプラノソロを務めた。

平成28年度尼崎市民芸術奨励賞。
2019年ザ・フェニックスホールのフェニックス・エヴォリューション・シリーズにてプーランク「人間の声」を中心とするリサイタルを開催、その成果に対し、第40回音楽クリティック・クラブ賞奨励賞、令和元年度大阪文化祭奨励賞を受賞。
兵庫県立芸術文化センターワンコインコンサート2019年No. 1アーティスト。

2021年3月ワコーレコードより初アルバム「詩(うた)が咲くとき」をリリース。
https://wakomusic.theshop.jp/items/41435706


これまでに田口久仁子、故木川田誠、日紫喜恵美、佐藤康子、常森寿子、谷村由美子、大森地塩、伊藤京子の各氏、ドレスデンにてChristiane Hossfeld氏、Klaus Stephan Dieter氏に師事。呼吸法および楽曲分析を山田料平氏に師事。

公益社団法人日本演奏連盟会員。大阪バッハアンサンブルメンバー。
相愛大学、大阪音楽大学非常勤講師、同志社女子大学嘱託講師。


詳しい演奏歴は♪こちら
出演情報は♪こちら




12:39  |  プロフィール  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2021.12.23 (Thu)

オペラ〈千姫〉終演!

公演から早10日が過ぎました。
20211223165505732.jpeg20211223165501612.jpeg

オペラ〈千姫〉世界初演。
無事に終えることが出来ました。

2日間共に沢山のお客様にご来場頂き、
本当に大きな拍手とスタンディングオベーションを頂きました。

ご来場頂いた皆様、
応援してくださった皆様、
誠にありがとうございました。

田中祐子マエストラを始め、
全ての共演者の皆様が本当に温かく、
そして尊敬すべき方々ばかり…
6歳で家族と離れたおちょぼが、
千姫の家族を大切に愛するのと同じように、
私もまた共演者の皆様が愛しくてなりませんでした。

素晴らしい仲間と共に、
新しいオペラの初演に携われたこと、喜びと感謝でいっぱいです。

コロナが始まった頃にこのお話を頂き、私のステイホーム生活は、
玉岡かおる先生の原作『姫君の賦~千姫流流』
を読むことから始まりました。
想像もしなかった生活の中に、おちょぼさんとの出会いがあったから、
心折れずに過ごせたと言っても過言ではありません。

その素晴らしい原作が、
平石耕一さんによる台本となり、
池辺晋一郎先生の音楽となり、
稽古が始まり…
ひとつひとつのプロセスの中で私自身が、
「これからどう生きるか」ということを考えさせられた日々でもありました。

おちょぼは千姫に自分の人生を捧げたわけですが、
捧げたとか、献身とか、そういうことでなく、
そうすることが当然のこと、
すなわち自分の《賦》として、
全うしていくところが、本当にかっこいい。

なぜそれができるのか。
6歳で姫の遊び相手という名の影武者となり、
いつ死んでもおかしくなかったおちょぼにとって、
生きていること自体がおまけのような、
ご褒美のように感じてもいたのではないか。
死んでいたはずの自分が千姫と共に時を重ね、
様々な経験をしていけること、
すなわち生きているということをただただ享受していた。
だから、
「これからも姫様のお側におりまする」と言えるのではないかなと。
そこには、そういう時代だった…だけではない、
千姫に対するとてつもない感謝と敬意、
そして、そのように生きられることの喜びがあったように思います。
20211223165316802.jpeg
私も、感謝と敬意と喜びをもって
自分の《賦》を全うする人でありたい。
と、おちょぼさんを通じて思いました。
おちょぼさん、ありがとう。

姫路城始め、
所縁の場所へも沢山出向きました。
一番胸が詰まったのが書写山。

また三木之助さんに会いに行こうと思います。
20211223165601996.jpeg

さて、古瀬まきを2021年の舞台はこのオペラをもって終了致しました。
今年も皆様沢山の応援をありがとうございました。
年内の本番はありませんが、準備せねばならぬことが山盛り。
私の《賦》は、
準備と自己研鑽。
千姫のために習い始めた日舞も、
続けていきたいと思います。

今後のスケジュールはこちらです♪
http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/blog-entry-85.html

【公演記録】
アクリエひめじオープニングシリーズ 
オペラ 「千姫」
会場:アクリエひめじ 大ホール
両日15時00分開演(14時00分開場)
入場料
一般 S席6,000円 A席4,000円 B席3,000円 c席2,000円
高校生以下各半額 (全席指定)
※未就学児入場不可。

https://himeji-culture.jp/hall_event/4293

原作:玉岡かおる
脚本:平石耕一
作曲:池辺晋一郎
指揮:田中祐子
演出:岩田達宗
演奏:日本センチュリー交響楽団

【出演】
千姫    小林沙羅
おちょぼ  古瀬まきを
本多忠刻  矢野勇志
本多忠政  池内 響
お熊    井上美和
徳川秀忠  小林 峻
お江    尾崎比佐子
宮本武蔵  井上敏典
宮本三木之助 近藤勇斗
松坂の局  伊藤典芳
坂崎出羽守 奥村 哲
桂庵    山田直毅
茶田四左衛門 林 真衣
奥女中   金岡伶奈
合唱    千姫合唱団
17:20  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2021.09.02 (Thu)

オペラ「人間の声」アーカイブ配信中です!

気づけば、半年ブログ更新していませんでした💦

出演情報だけは抜けぬように更新していたのですが、
Twitter、Facebookページと管理していると、
ブログ記事はなんだかいつもまとめての更新になってしまっています。ごめんなさい!!

更新していなかった間に、

CD発売開始!
CD完成記念ライブ!
和歌山でのギリシャ神話のコンサート、
芸文ドリームコンチェルト、
奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門本選、
大阪バッハ合唱団「ヨハネ受難曲」ソプラノソロ代役、
奏楽堂日本歌曲コンクール入賞記念コンサートがありました。

そして8月は、
9日オペラ「人間の声」ライブ配信、
さらに21日、RMF奨学生 木口雄人さんの共演者として、
スカラシップコンサートに出演させていただきました。

コロナの状況が決して良くはない中で、
こうして音楽家として生きさせて頂けること、感謝しかありません。

8月の二つの舞台はどちらもライブ配信の本番でした。

「人間の声」はこれまでにも取り組ませて頂いた大切な作品ですが、
映像としてたくさんの方に見て頂くのは勿論初めて。
コロナの時代にあって、これからもこういう機会は増えていくのかな、
増えていったらいいな、と心から思う体験でした。

演奏家としても、表現者としても、
本当に大きく新たな学びがありました。
202109021148427c4.jpeg20210902114843f4a.jpeg
ピアノの關口康祐さんの素晴らしい共演、
支えてくださったスタッフの皆様のおかげでできた映像作品。

ただいまアーカイブ配信しております。
ぜひ皆様ご覧くださいませ。



さらにロームのスカラシップコンサート。
素晴らしいピアニスト木口雄人さんの共演者として、
ウルマン:5つの愛の歌
歌わせていただきました。

宣言が出たので、
無観客配信のみとなったのですが、
色々な方が配信を見てくださったようで、本当にありがたかったです!
202109021145322cf.jpeg
今ウィーンにいらっしゃる木口さん。
実は。。。
本当は今年の2月くらいに、私も再びドレスデンに行くつもりでした。
ウィーンにも行って、ウィーンでリハーサルしましょう!!と木口さんと言っていたのですが、
コロナが出現してしまい断念。

ま、今は難しいですよね。

でも、生のウィーンの香りをたくさん持って帰ってきてくれた木口さんと、
大好きなドイツ語を歌える幸せたるや✨
202109021145332ee.jpeg
本当に幸せなリハーサル、そして本番でした。
日本にいながらにしてドイツ語圏にいるような気持ちに❤️

コンサートが終わった後にも、
大好きなドイツリートを木口さんにレッスンしてもらいました♪

今回は無観客となりましたが、
木口さんとは、必ずまたご一緒する機会があると信じています!!
その時まで、しっかり成長していなければ!!

そんなこんなの8月でございました。

9月は本番はないのですが、
とても楽しみなレコーディングがあります。

また、8月末より千姫の稽古も始まっています。
配信で学んだことも活かしていけますよう、
日々丁寧に準備していきたいと思います。

出演情報はこちらです→http://sopmakiwo.blog115.fc2.com/blog-entry-85.html










11:32  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2021.03.17 (Wed)

CD完成!いよいよ発売です!!

皆様‥CDが完成致しました!
2021031700105716b.jpeg
ついについに、完成です!!

CD制作プロジェクトクラウドファンディングにご協力くださった皆様へは、
ありったけの感謝の気持ちを詰め込み、
20210317000805686.jpeg
発売より一足早く、発送させていただきました!
20210317000807c34.jpeg

ご支援者の皆様、
届きましたらぜひご感想などアップしていただけましたら嬉しいです。

もう、何回お礼を言っても足りません。
皆様本当にありがとうございました!!

さて!改めまして!

昨年の真夏に始まったこのプロジェクト、
花咲くこの時期に、皆様へご案内です。

3月22日(月)
古瀬まきを 初めてのCDがリリースされます!!

 
「詩(うた)が咲くとき」

制作・販売:株式会社ワコーレコード
http://www.wako-records.com/
商品番号:WKCD-0134
価格:3,000円+税

ソプラノ:古瀬まきを
ピアノ:法貴彩子

【収録曲目】
1. かやの木山の(北原白秋 作詞 ・ 山田耕筰 作曲)
2. からたちの花(北原白秋 作詞 ・ 山田耕筰 作曲)
3. さくら横ちょう(加藤周一 作詞 ・ 別宮貞雄 作曲)
4. 演奏会用アリア すてきな春に(峯陽 作詞 ・ 小林秀雄 作曲)
金子みすゞ詩による童謡歌曲集『ほしとたんぽぽ』より(金子みすゞ 作詞 ・ 中田喜直 作曲)
 5. ほしとたんぽぽ
 6. つゆ
 7. こだまでしょうか
 8. わたしとことりとすずと
 9. まゆとはか
 10. さびしいとき
 11. いぬ
 12. わらい
13. 日々草(星野富弘 作詞 ・ 加羽沢美濃 作曲)
14. おんがく(まどみちお 作詞 ・ 木下牧子 作曲)

2021年1月9日 宝塚ベガ・ホールにて収録

お申し込みはこちらよりお願い致します♪

ワコーオンラインストア
https://wakomusic.theshop.jp/items/41435706

ご試聴はこちらから→https://youtu.be/CrKjVPfHg9c

また、下記からもお求め頂けます♪

アマゾンhttps://www.amazon.co.jp/dp/B08XVDWJ7F
タワーレコードhttps://tower.jp/item/5170662
HMV: https://tower.jp/item/5170662

いつか自分のCDが作れたらと、漠然と思い描いてはいましたが、
COVID-19をきっかけに一歩踏み出してみたら、
沢山の方にご支援をいただくことが出来、
本当にCDが完成致しました。

曲を作った人の思い、
またそれを歌い継いでこられた方々の想いもいっぱい背負って、
歌いました。

CDを通じて、
この曲いいな、
この詩好きだな、
と思って頂けましたら、こんなに嬉しいことはありません。


00:36  |  ご案内  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2021.03.13 (Sat)

アンコールリサイタル終演しました!&お知らせ!

もう10日も経ってしまいましたが‥

2021年3月2日、
ワンコイン・コンサートNo.1アーティスト2019 アンコール・リサイタル
古瀬まきを ソプラノ・リサイタル
無事に終演致しました!
2021031322212942c.jpeg20210313222130ccb.jpeg

ご来場くださった皆様、応援してくださいました皆様、
そして2019年のワンコイン コンサートで応援してくださった皆様、
兵庫県立芸術文化センターの皆様、誠に誠に有難うございました。
来てくださったお客様の温かい拍手が、幸せでたまりませんでした。
この舞台に立てたこと、無事終演できたこと、感謝しかありません。

2019年、憧れの芸文ワンコインの舞台。
そしてそこで年間のナンバーワンに選んでいただいてのリサイタル、
本当に有り難くてたまらない、準備期間でした。
2021031322501219d.jpeg
初めて本番に乗せた曲も含め、どれもが思い入れ深い曲ばかりで、
自分で組んでおきながら、心も体もコントロールが難しいプログラムでしたが、
どの曲にも、私だけでなくこれまで育てて頂いた方々の想いがたくさん詰まっていて、
その想いに支えられながら歌いました。

特に、ずっとチャレンジしたかった、
R.シュトラウス『ブレンターノ の詩による6つの歌op.68』

5曲目のアモール以外は人前で歌うのは初めてでしたが、
少しずつ少しずつ勉強してきた大切な歌曲集。

トータルで30分にもなる大曲で、体力的には大変なのですが、
ベルリンとドレスデンで作曲されたということもあり、
歌っているとドイツでの時間が目の前に蘇り、
歌いながらもパワーをもらえる、そんな曲集。
そしてそのあとにツェルビネッタを歌う、というプログラムをずっと温めていました。

今のこの時期に歌う機会をいただけた巡り合わせに、心から感謝しています。

それから、一曲目に歌ったモーツァルトのAh se in ciel
このコンサートアリア、大学院修士の時に歌いたかったのですが
当時の私には太刀打ちできず諦めた曲。
難曲すぎて、なかなか歌えるようにはならず、
本番に乗せるまで13年かかりました。

とはいえ今回も決して簡単ではなく、
本番まで何度も何度も試行錯誤を重ねました。

そんな時間を積み重ねられることの、なんとありがたいことでしょうか。
20210313222132c85.jpeg
舞台でのご挨拶でも申し上げましたが、
まだまだ大変な想いや、心細い想いをされている方がたくさんおられる中で、
こうしてリサイタルが出来たことの重みを忘れることなく、
これからも精進してまいります。

皆様、有難うございました。

こちらからリサイタルのアンケートにご参加いただけます。
ご記入いただけますと大変幸せです。

https://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=5003513404&sid=0000000001
・アンコール曲
小林秀雄:演奏会用アリア「すてきな春に」(詩:峯陽)
川口耕平:「6つの信仰歌曲」より “よかった”(詩:河野進)

さて皆様。
明日我が家に、完成したCDがやってきます!!!

なんだか今からとてもドキドキ。
どんな風に仕上がっているのかな?
自分のCDが産まれる日がやってくるなんて!
今でも信じられない想いです!!

クラウドファンディングにお申し込みくださった方々には、
CD到着次第すぐ発送させていただきます!!
今しばらく、お待ちください!!

そして販売開始は3/22となりました!
詳細につきましては、近日中にご案内させていただきます!

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます!!


22:45  |  ご報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT